Jメール 熟女

Jメールでぽっちゃり熟女とセックス

Jメール熟女

 

私は40代後半の男性で長野県に在住、職業は地元の工場で派遣社員をしています。

 

これまでずっと独身でなかなか女性関係にめぐまれず、時々風俗店にお世話になるくらいの生活でした。出会い系はこれまでもいろいろと試してきましたが、今回ようやくご近所でステキな熟女さまとお会いすることができました。

 

利用者の多いサイトが良いかなと思い、これまでワクワクメール、ハッピーメール、PCMAXなどに登録していましたが、実際にお会いするまでには至りませんでした。

 

今回、たまたまネットの広告でJメールを見つけ、登録してみました。

 

年上のぽっちゃり熟女との出会い

お会いできたのは同じ地区の50代前半、既婚者でサービス業をされているとのことでした。ぽっちゃりさんとのことでご自分の体形や外見をかなり気にされている様子でしたが、むしろ痩せてるよりも多少太目の方が好みでしたので、積極的にアタックしてみました。

 

 

有名どころのサイトだけあってやはり登録者数は多く、まずは50代以上の女性で検索し、気になった方へとりあえず挨拶的なメールを送信し、返信があればそこから掘り下げていくというのがいつものやり方でした。ただ、掲示板などで積極的にアピールされている女性などはおそらく自分のような輩からたくさんのメールが来ていると思われ、競争率も高くこれまでも出会いにまでたどり着けることはありませんでした。

 

 

そこで、少し考えを改め、むしろアピールの少ない女性にアタックしてみることにしました。プロフィールに登録だけしてて内容も控えめ、掲示板などへの書き込みもない、そんな方へダメ元で送信してみたところ、すぐにお返事があり2、3通のやりとりでメールアドレスを教えてもらうことができました。

 

メールでのやり取りとなって、まずはお互いに改めて自己紹介。同じ地区の登録でしたが、実際には近すぎず遠すぎずで本当に程よい距離感の方でした。とにかく、ご自分の体形と外見を気にされており、繰り返し「大丈夫ですよー、気にしませんよー」とお伝えしたところ、ようやく安心してもらえたようで実際にお会いしてみましょうということになりました。

 

 

自分も初めてだったのでどんなふうにお会いして話を進めていけばよいのかわからなかったですが、まずはお互いに知っている場所があったのでそこの駐車場で顔合わせだけしましょうという流れになりなりました。当日はドキドキしながら早めに現地に到着し待っていると、それらしき女性の姿がこちらへ近づいてくるのが見え、さらに緊張して車の中で固まっていると、助手席側の窓をコンコンとノックされ会釈するとそのまま中へ入って来てくれました。

 

本当に普通といった印象のおばちゃんで、自分は外見とかまったく気にしないので実際にお会いできたことで喜びがいっぱいでした。

 

会ってからエッチまでの流れを解説

さすがに初対面ですぐその日のうちにとはいかず、お互い緊張の中少しだけドライブをして初日はお別れしました。その後、すぐにまたご連絡をいただき、またお会いしたいとのことでしたので、是非にと日程を合わせてお会いしました。もうお互いに目的ははっきりしていたので、すぐにホテルへ直行。最初はとにかく勢いが大切だなと思いました。

 

 

ホテルに入ってしばらくお茶などして落ち着いたところで、そっとキス。そこからお風呂へと向かい、お互いの体を洗いっこして湯舟で温まってから、自然の流れでベッドへ。あまり積極的な方ではなかったので、横に添い寝した状態からゆっくりとタオルをとって上から少しずつ感度を確かめながら下へと攻めていきました。だんだんと気持ちよくなっていってくれているのがわかりうれしかったです。その後、2時間のご休憩時間をたっぷりと楽しんでお別れしました。

 

ほどよい距離感はお互いに大切

それからも月に2,3回会うくらいの関係で今に至っています。お互いのプライベートを大切にしつつ、時々会って充実した時間を過ごせているので、とても良い関係になれているかなと思います。しばらく続けられたらうれしいですね。

 

ぽっちゃりさんはやはりお胸とお尻が大きくて、自分は大好きです。

 

>>トップページへ

page top