ハッピーメール 既婚女性

ハッピーメールで34歳の既婚女性に即尺&精飲させてきた

ハッピーメールで既婚女性にフェラ

 

俺は31歳の会社員です。結婚していて子どもも2人います。

 

 

2人の子どもが生まれてから妻のセックスがなくなっていき、性欲が強い俺は出会い系アプリの「ハッピーメール」で探すことにしました。登録してすぐに気になる女性にメッセージを送りました。するとすぐに返事がきました。

 

彼女「メッセージありがとう。プロフィールに書いている通りで秘密の関係でお願いします。」
俺氏「俺も同じです。よろしくお願いします。」
と話が進み、やり取りし始めて2日目にラインの交換をしました。ラインでやり取りするころには仲良くなっており、下系の話もしていました。
彼女「ライン交換ありがとう。」
俺氏「早く会いたいな!エッチしたい!」
彼女「うん!会う日にち合わせよう!」
と、ライン交換してすぐに会う話になり、日程調整をしました。
そして、3日後の13時から会うことになり、「どこのホテルがいいか。どんなプレイをしたいか。」など色々話をしとても楽しみでした。
彼女「ノーマルのセックスしかしたことなくて、私はエロいエッチがしたい」
俺氏「俺もエロいエッチしたい!フェラチオが好きなんだよね」
彼女「いいよ!いっぱいペロペロする!」
興奮するような話をいっぱい話し、当日を迎えました。

 

 

ラブホに入って即尺(シャワーに入らずフェラ)&ごっくん

ハッピーメールで既婚女性にフェラ

 

待ち合わせ場所で待ち、彼女と初めて顔を合わせました。彼女は、
名前:美沙(みさ)
年齢:34歳 既婚(人妻) 子どもあり
体系:スレンダー
性格:大人しい
美沙と会い、簡単な自己紹介などをしてすぐにホテルへと向かいました。

 

 

2人とも不倫関係になるので、コンビニなどにも寄らずホテルへ向かいました。
美沙は普段はかないミニスカート+生脚です。俺がリクエストしていました。スレンダーの体系に美脚・生脚とくれば「勃起」せずにはいられません。
ホテルに入ってすぐ
俺氏「美沙の生脚エロすぎて、こんなになったけど?」
と、ビンビンになったチンコをズボンの中からアピールします。
美沙「わあ!元気いっぱいのおちんちん!嬉しい!!舐めたい!」
と話、部屋の中へと入り、俺はソファーに座りました。美沙は俺の正面に座り、フェラチオをする態勢になりました。
美沙「私が脱がせていい?」
俺氏「いいよ!好きにしていいよ!」
と美沙にズボンとパンツを脱がせてもらいました。パンツを脱いだ瞬間にビンビンのチンコが美沙の目の前に飛び出しました。

 

 

 

美沙「おっきい!旦那の小さくて満足してなかったから、おっきくて嬉しい。舐めるよ?」
俺氏「嬉しい!うん。気持ちよくして!」

 

というと、美沙のフェラチオが始まりました。美沙のフェラチオは手は一切使わず、口だけでするフェラチオです。手は俺の足に置いています。強弱をつけた気持ちいいフェラチオで、時に弱く下で刺激・時には強く吸いながら激しく上下運動させます。

 

俺氏「美沙、フェラチオうまいね?めっちゃ気持ちいいよ!」
美沙「そうかな?でも、フェラチオは好き」
とフェラチオを続けます。フェラチオから20分くらい経ち、イキそうになってきたので、
俺氏「美沙、一回出していい?イキたくなってきた」
美沙「いいよ。口に出しほしい。出されたことなくて、周りの友達は経験してるから」
俺氏「いいよ!てか俺はフェラチオでイクときのほとんどは口!!」
というと、強弱の強のフェラチオが始まり、
俺氏「ああーだめ、いっくー」
というのと同時に、美沙の口内に大量の精液を放出しました。全部放出し終わると、
俺氏「飲むよね?」
美沙は驚いた表情をしましたが、「ごっくん」と音を立てながら飲み干しました。

 

美沙「初めての口内射精とごっくんだったよ!」
俺氏「すっごい良かった。エロい顔してたよ!」
と言いながら、二人でお風呂に入り体を洗い合いました。そうこうしていると俺のチンコが復活し、
俺氏「復活したよ?」
美沙「本当!私でこんなになってくれるの嬉しい!舐めたい!」
俺氏「いいよ。しゃぶって!」
と再び美沙にフェラチオをさせます。

 

2回戦は生で人妻のおまんこにたっぷり射精

ハッピーメールで既婚女性にフェラ

 

今度は美沙の胸などを触りながらです。お風呂場でしばらくしゃぶらせた後、ベッドに移動し美沙を責め立てました。そして、挿入します。
俺氏「入れるよ?生で!」
美沙「生で入れて!」
と美沙のおマンコに入れると、
俺氏「美沙!美沙のおマンコ名器ってやつじゃない?イボイボがあってやばいよ?旦那これでバンバン腰触れる?」
美沙「わかんないよ笑 旦那は入れて1分くらいでいっちゃう。バンバンしてない。」
俺氏「だろうな。これはすごいわ!締まりもいいけど、イボイボが気持ちよすぎ!」
と、美沙のおマンコが名器であると知り、嬉しかったです。
美沙のおマンコに入れピストンをします。イボイボが気持ちよく慣れるまではゆっくりでしたが、10分ほどで慣れてきたので少し激しくピストンしました。
美沙「あぁん。気持ちいい。言ってないけど何回かいっちゃてる」
俺氏「美沙、イキそう!どこに出してほしい?」
美沙「本当は中に欲しいけど。。。出どこでもいいよ」
俺氏「んじゃ中に出す。ピル飲んでね。」

 

というと一回目よりも多いであろう精液を美沙の中に放出しました。

 

>>トップページへ

page top