ハピメ 喉奥射精 人妻

ハッピーメールで出会った天然人妻にイラマチオからの喉奥射精をしてきた

ハピメで人妻にイラマチオ

 

私はのプロフィールは次の通りです。

 

名前:ノリ
年齢:31歳、既婚
職業:会社員
体型:ぽっちゃり

 

ごく普通の男。そんな普通の男が今回は出会い系サイトで人妻とセックスした体験談を紹介します。

 

使用したサイト(アプリ)は、「ハッピーメール」で、他にもたくさんあるアプリからこのアプリを選んだのは、口コミが決め手です。

 

「サクラがなく実際に出会えた。エロい女ばかりでいい。」という口コミが多数あったので、使用しようと思いました。

 

ハッピーメールを使って人妻と出会うまで

アプリを使い始めその日のうちに、複数人の女性にメッセージを送りました。写真付きの女性はキレイな子が多く、嘘くさく感じたので、写真を載せていない女性にメッセージを送りました。そのうちの一人から10分後くらいに返信が来ました。
俺氏「こんにちわ!31歳です!良ければ話しませんか?」
彼女「メッセージありがとうございます!よろしくお願いします!
俺氏「使い始めたばかりなので、色々教えて下さい!笑

彼女「私も会ったりとかしたことがないからわからないことばっかりです。」
俺氏「そうなんですね!利用してる目的は、プロフィールに書いていた不倫ですか?」
彼女「恥ずかしながらそうです。女の人ってあんまりエッチしたいとか言わないと思うんですけど、こういうところなので思い切って書いてみました!ノリさんは?」
俺氏「同じですよ!不倫希望です!すぐに会うのとかって難しいですか?」
彼女「良かったです!今日、明日っていうすぐは難しいですけど、ノリさんが良い人だと思ったら会います!
俺氏「そうですよね!分かりました!良い人って思ってもらいたいです笑」
という会話が続き、コミュニケーションを取ります。私は普通のセックスをしたいのではなく、フェラチオが好きなので、妻にはお願いし辛いことをしたいと思っていたので、下系の話にしてそういう話をしたいと思っていました。ごく普通の話や少しの下系の話をしながら3日くらい経ち、
彼女「ノリさん優しい感じの人ですね!会いたいって思ったので会ってくれませんか?」
と、彼女の方から会いたいという連絡ありました。正直、フェラチオが好きで、喉奥をガンガン突いたり、長時間のフェラチオを味わいたいなどの話は出来ませんでしたが、
俺氏「本当ですか!良かったです!ぜひ会いましょう。いつ頃がいいですか?合わせることができると思います。」
彼女「急ですけど、明日の18時とかどうですか?」
俺氏「全然大丈夫ですよ!明日は仕事休みなので!どこで待ち合わせします?」
彼女「〇〇駅はどうですか?無料の駐車場もあって便利だと思いますけど。」
俺氏「分かりました!いいですよ!明日でいいので、服装など教えて下さい!」
と会う約束がアプリを使って数日で出来ました。出会い系的なところは、会う約束しても「誰も来なかった」などの話も聞くので、会うまでは安心できませんでしたが、チンコは楽しさを待っていました。

 

ステーキレストランで食事中に彼人妻からホテルに誘ってきた!

ハピメで人妻にイラマチオ

 

約束の場所へ到着し、後は彼女が来るのを待っていました。服装は、紺色のワンピースと白いカバンと聞いていたので、それらしき人が来るのを待っていると、聞いていた服装と同じような格好をした女性がこっちに歩いてきました。

 

私も服装と車を伝えていましたので、少し遠くからお互い目が合い、会釈をすると会釈を返してくれたので、「あの人だ」と確信しました。

 

彼女は、
名前:えみ
年齢:33歳、既婚
性格:天然系
体型:普通体型
服装の好み:露出感のあまりない服
といった感じです。

 

俺氏「こんばんわ!えみちゃんですか?」
彼女「こんばんわ!そうです!良かった会えた。」
俺氏「本当ですね!出会い系って会えないって聞きますし、会えて良かったです。」
えみ「話ししていたし、ご飯食べにいこ?」
俺氏「行こう!」
と、はじめに約束していて地元では少し高級で有名なレストランで夕食を食べに行きました。ステーキが美味しいと有名なお店で、ステーキが好きという彼女のリクエストに答えました。ステーキを食べながら、仕事の話やニュースなどたくさんの話をしました。食べ終わる頃くらいになると、
えみ「ホテル楽しみ」
俺氏「えみちゃんから言うと思ってなかった笑」
えみ「ノリさんもやけど、私も同じ目的だし、ノリさんとしたい。。。」
俺氏「食べ終わったし、飲み物とか買ってホテル行こっか」
と、メッセージのやり取りの段階で、ホテルへ行こうと話をしていたので、ホテルへは簡単に誘うことができました。私の車でホテルへ行きました。

 

イラマチオで濃厚ザーメンをごっくんさせた

ハピメで人妻にイラマチオ

 

俺氏「着いたよ。ラブホテルって来たことある?」
えみ「正直、初めて!私は変態みたいに性欲強いけど、今までの相手は性欲弱かったからね」
と話をしながら、ホテルの部屋に入り、ソファーに腰を掛けました。
えみ「すごく綺麗な部屋!テンションあがる!」
俺氏「えみさんは変態?俺は結構変態かも!正直、妻とは出来ないことをえみさんとしたいと思ってるよ」
えみ「う?ん。変態かな!どんなこと?笑ノリさんのお願いなら聞いちゃう」
俺氏「フェラが好きです、長時間のフェラや喉奥フェラ、イラマチオとか?いっぱいしたいんよね!」
えみ「うん!しよ!イラマチオとか喉奥フェラ?とかはしたことないけど、苦しそうやけど、ノリさんがしたいことはしよ!私、Mだし苦しいのは興奮して嬉しいよ」
俺氏「良かった!咥えちゃう?」
えみ「得意とかではないよ?笑期待し過ぎはだめよ?あ!命令形好きやから命令していいよ!」
俺氏「最高やん!しゃぁ遠慮なく、あの鏡にパンツが映るように四つん這いになって咥えようか?」
えみ「このエッチ!笑 恥ずかしいけど、はい!分かりました!」
というと恥ずかしそうにしながらも、えみは言うとおりの態勢になりました。そして、それに合わせてズボンとパンツをぬぎ、半立のチンコを出しました。
えみ「旦那より全然大っきいし、ここからまだ大きくなるの?」 
俺氏「大きくなるし、ギンギンになるよ!えみちゃんの口次第かな」
えみ「えへへ笑 舐めるね」
というと大きく口を開き、私のチンコを咥えました。下手くそではないですが、とても上手というまでもない、えみのフェラチオと鏡に映る四つん這いとパンツに興奮度はマックスです。えみのフェラチオは「ジュポジュポ」とフェラチオしてますと言わんばかりの卑猥な音を立てながらのフェラチオで、チンコはどんどん大きく・硬くなっていきました。
俺氏「えみ。。気持ちいい!」
えみ「嬉しい。もっと気持ちよくなって!イッていいからね!何回も何回もフェラチオで大きくして見せる!。。。喉奥まで咥える?それてもノリくんが動く?」
と言われ、返事をせずに頭を手でおさえ、ゆっくりとチンコを喉奥まで入れました。えみちゃんは声は出ませんが「おぇっ」となっているようですが、お構いなしに突っ込みました。
俺氏「ぁぁー最高。えみちゃんの喉奥しまる。マンコみたい!ここで激しくイクまで動くから、我慢しなよ?いいね?喉奥に精液たくさん出してあげる」
えみ「(頷く)」
激しいイラマチオが始まめ15分ほど経ちました。テーブルの上やえみの口まわりは、えみの唾液でベトベトです。えみの顔を見ると涙目で今にも「やめて」と言わんばかりの表情です。
俺氏「あーいきそう!いっぱい出すから、全部飲めよ!」
えみ「(頷く)」
俺氏「あーーーーいくーっ!」
と言うのと同時に大量の精液がえみの口、いや、喉奥に発射しました。えみはグッと力を入れ、射精が終わるのを待ち、ごっくんしました。

 

>>トップページへ

page top